今日のWikipedia 「骨髄バンク」

カンニングの中島さんが亡くなられたニュースを見て、
前から気になっていた骨髄バンクについて調べて見ました。

骨髄バンク

この登録の際の採血では「HLA型」を検査するのが主目的である。HLA型とは白血球のいわば血液型に当たるもので、その適合確率は兄弟間で4分の1、非血縁者間だと数百人~数万人に1人しか適合しないと言われている。そのため骨髄移植推進財団では、適合者が見つかりやすくなる水準として30万人のドナー登録者獲得を目指している(2006年6月末現在の登録者数は約25万人)。


もう少し、なんですねぇ。
本田美奈子.さんの件もあるので、
今はもう少し増えているのでしょうか。
増えているといいのですが。

骨髄提供のドナー候補者に選ばれると、ドナー候補者本人とその家族が出席した上で最終同意の確認が行われる。


あらま、提供する側とされる側が会うんですね。
後々トラブルにならないように会わないようにする、
って昔聞いたような気がしますが、、、。
(それは臓器提供だったかな?)

提供のために骨髄液を取り出すには手術が必要であり、4日~1週間程度の入院が必要になる。手術自体のリスクは低いが、全身麻酔が必要なためそれに伴うリスクがある。


こんな風に書かれるとちょっとびびっちゃうけど、
病で苦しんでいる側のことを考えれば
これくらいでびびってられないわ。

とはいえ、

現状ではHLA型が適合したドナーが(最終同意前に)提供を断るケースが少なくない。その要因としては結局家族の反対に遭ってしまう、仕事を休みにくい(休業補償がない、周囲の理解が低い)などが指摘されている。


うーむ。そうだよなぁ。
やっぱり自分の身が大事、と思ってしまうのが
健康である時の思考なんだよねぇ。

骨髄バンクに登録するからには
先にここらへんの心の準備をしてからしないとだめですね。
よく考えておきます。

今日のWikipedia 「アルパカ」

ちょwwwwww
なにこの動物wwwwwww
キモチワルスwwwwww

ということでWikipediaで検索
アルパカ



アルパカの祖先はビクーニャである。毛を利用するために品種改良された。その毛は今日でもとても利用されている。


こんなに簡単に近づいてくるくらいの無防備さなら
刈るのも簡単そうだ。
集団で近づいてくる時に、我先に、と前に出てくるところをみると
好奇心旺盛な動物なのだろうか?

その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、その他の様々な衣類を作り、自分たちで着たり輸出したりしている。色は4種類で、茶、黒、白、ネズミ色。長さは地面に届くくらい長い。


近づいてくるくせに毛が長すぎて目は見えてなさそう。

姿形はリャマを小さくしたようなものであるが、つばを吐きかけるという悪い癖はそっくりである。


・・・最悪だけど、
惹かれるものがあるなぁ。
見に行ってみようかな・・・。

ペルー、ボリビアやもっと南のアンデス湿潤高原地帯でよく見かける動物である。アルゼンチンにはほとんどいない。現在はアメリカ合衆国やヨーロッパ、ニュージーランドにもたくさんいる。

今日のWikipedia 「AV端子」

最近、AV機器を購入したりもらったりして、いい武器がそろってきたけど、
時間もなかったので、今までは適当に配線してた問題を今日は少し解決。

Wikipedia 「AV端子」

家のTV周りの配線図。

\ アンテナ
|
+-------+------+
| DVD Recorder |
+-------+------+
| (A)
+-------+------+
| TV |
+--------------+

DVD Recorderがデジタルチューナ対応(いわゆる地デジ対応)なので、
TVにはデジタルチューナがついてないけど、
DVD Recorder経由で画面を出力しているおかげで地デジを見れてます。

今日までは、(A)の配線をRCA端子を使っていました。

身近な用途としてオーディオ用の赤白ケーブルやビデオ用の黄赤白のケーブルなど。


いわゆる、赤・白・黄色のケーブル。
接続も簡単。ゲーム機やAV機器類を買うと箱に入ってくる、あれ。
つい、お手軽さに負けてこれで配線してしまいがちですが、画質はいまいち。

ということで、(A)の配線を、家にあったけど使っていなかったS端子に切り替え。

S1端子

4:3映像と16:9映像の判別が可能。流れる映像信号はNTSC準拠なので、16:9映像の場合は左右に圧縮し4:3になっている。その信号(16:9映像の識別情報はスクイーズ信号ともいう)を受けた対応テレビ側は、再び左右方向への引き伸ばして表示する。


つまり、映像によっては、4:3に圧縮したり16:9に引き伸ばしたりして、
劣化してしまうってことかな?

しかし、接続して、RCA端子接続との画質の違いを確認してみると、
鮮明さがぜんぜん違う。やばい。
TVや地デジの性能をまったく生かしきれてなかったことを反省。
せっかく日本の優秀な技術者が試行錯誤して作っているAV機器なので、
利用者もそれに応えるために努力する義務があるな、と思いますた。

とはいえ、S端子なんてまだまだ屁みたいなもので、
上には上のケーブルを目指すため精進したいと思います。

今あるTVにはD端子のソケットはついているので、そこまではグレードアップします。

D3 1080i(1125i): 1920×1080ドット インターレース

ほとんどのハイビジョン放送番組がD3で放送されている。
1920×1080の他に1440×1080のフォーマットもあり、2006年現在、実際のデジタルテレビ放送や撮影機材の規格として実際に多用されている。(映像フォーマット上は画面のサイズ比が横:縦=4:3になるが、表示時に16:9の画面サイズに拡大される。参考:スクイーズ方式)


D3がいいかな。

RCA端子の画質とS1端子の画質の違いをデジカメで撮ろうと思ったけど、
こちらにもっとわかりやすい内容があったので、どれくらい画質が違うか想像できない人はどうぞ。

今日のWikipedia 「石黒賢」

なんか最近は、
GoogleやYahooで検索するよりも先に
Wikipediaを調べる自分がいます。

今日、都内某所で石黒賢を見かけたので、さっそくWikipediaで調査。

また、さわやかな印象を持ち味にしているが、実はかなり毛深く特に胸毛と眉毛が濃い。


ちょwwwwwwwww
Wikipediaによると、さわやか、は、毛深い、と両立できないらしいwwwwwwwww
こういうちょっとした偏見が残ってしまっているのも
Wikipediaの魅力。

主な出演作で一番印象的なのはやっぱり、

『振り返れば奴がいる』(1993年 フジテレビ系) 石川玄役


かな。
織田裕二の悲しげなキレ顔(?)も強烈な印象。

TBS『わいわいスポーツ塾』 正統派俳優のイメージを持ちつつ、珍妙な解答を出していた。同局のクイズ番組「日立 世界・ふしぎ発見!」の、野々村真に似たポジションであった。


あったなー、「わいわいスポーツ塾」
家族でみてたわー。
でも、石黒賢が野々村真のポジションだったことには気がつかきませんでした。

今日のWikipedia 「Edy」

おサイフケータイ編第2弾、「Edy」についてお勉強。

1999年から2000年秋頃まで、ソニーとソニーファイナンスインターナショナルは、さくら銀行(現三井住友銀行)・三井不動産などと合同で、ゲートシティ大崎のビル内に入居する企業の従業員(主にソニーグループ・三井不動産など)を対象に、同ビル内の売店や社員食堂・自動販売機で扱える、FeliCa を用いた電子マネーオペレーションのモニターテストを実施した。


このような試験運用を経て、今のおサイフケータイがあるんですなぁ。
ソフトウェアでいうところのベータテストといったところでしょうか。
ただ、2000年ごろ行っていた試験が
ようやく最近サービスとしてリリースされたということは
いろいろな難題が裏にあったであろうことは容易に想像できますな。
関係者に感謝、です。

Edy の名称はユーロ (Euro)・ドル (Dollar)・円 (Yen) に次ぐ第四の基軸通貨になって欲しいとの願いから、各々の頭文字を取る形で付けられた。


正直、第四の基軸通貨になったらややこしくてたまらん気がしますが、
# 「今日の終値は、1Edy=1.172円、昨日より0.003円Edy高で取引終了しました」とか!?
開発者の「世の中を変えてやろう」という壮大な夢がかいまみれるので
良しとします。

気になったのは、「オンラインチャージの問題」の項で、
お得感があり、かつ、不正ができない仕組み、というのを
完全に作り上げられなかった結果で、
明日はわが身、の気持ちで読みました。ブルル。

今日のWikipedia 「おサイフケータイ」

MNPもはじまったし、携帯会社を代えてみましょうと思ったときに
気になったおサイフケータイ機能ですが、
いろいろな電子マネーが乱立していてよーわからん。

というわけで、勉強第一弾として「おサイフケータイ」からチェケラ

おサイフケータイは、携帯電話に埋め込まれたFeliCaチップ(ICチップ)を使ったサービス及び、このサービスに対応したモバイルFeliCaチップを内蔵した携帯電話端末の総称。


要は、FeliCaを内蔵した携帯端末、ということです。
一方、FeliCa

ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式


技術名ということです。
非接触型、とは、USBなどのコードでつながなくてもOK、という意味だと理解してみた。

で、おサイフケータイにもどって、

システムの開発を行ったNTTドコモ(以下 ドコモ)の登録商標


というわけで、au、ソフトバンクもしぶしぶこの文言をパンフレットに載せているわけなんですな。キャリアごとに違う名前になって消費者が混乱しなくてよかったよかった。

で、

「おサイフケータイ」で提供されるサービスは、Edyをはじめとした電子マネー、各種会員証、量販店のポイントカード、鉄道やバス・旅客機の乗車券(乗車カード)・航空券、クレジットカードとしての利用など多岐に渡る。


そうなんです。
やれ、Edyだ、モバイルSuicaだ、QUICPayだ、会員証も兼ねるだの
サービスが多すぎて何をどうつかったら一番得なのかよくわかりません。

今後はそれについて考察します。