数学的にありえない

数学的にありえない〈上〉

久しぶりに長編ハードカバーに手を出した。
宮部みゆきの「模倣犯」以来かな。

本のジャンルは、サスペンス小説だけど、
話の間に出てくる数学・物理の話が面白すぎる。

授業で数学・物理が嫌いになった人はぜひ読んで欲しい。

で、この本を読んでからというもの、
数学・物理の世界にまた目覚めてしまい、
Wikipediaを熟読。

ラプラスの魔
エヴェレットの多世界解釈
シュレディンガーの猫

大学の時も思ったけど、量子力学の域まで行くと哲学っぽくなってしまう。
今なら前よりも理解できるかな?

また挑戦してみようと思う。