今日のWikipedia 「アルパカ」

ちょwwwwww
なにこの動物wwwwwww
キモチワルスwwwwww

ということでWikipediaで検索
アルパカ



アルパカの祖先はビクーニャである。毛を利用するために品種改良された。その毛は今日でもとても利用されている。


こんなに簡単に近づいてくるくらいの無防備さなら
刈るのも簡単そうだ。
集団で近づいてくる時に、我先に、と前に出てくるところをみると
好奇心旺盛な動物なのだろうか?

その毛で、インディオ伝統のマントやポンチョ、その他の様々な衣類を作り、自分たちで着たり輸出したりしている。色は4種類で、茶、黒、白、ネズミ色。長さは地面に届くくらい長い。


近づいてくるくせに毛が長すぎて目は見えてなさそう。

姿形はリャマを小さくしたようなものであるが、つばを吐きかけるという悪い癖はそっくりである。


・・・最悪だけど、
惹かれるものがあるなぁ。
見に行ってみようかな・・・。

ペルー、ボリビアやもっと南のアンデス湿潤高原地帯でよく見かける動物である。アルゼンチンにはほとんどいない。現在はアメリカ合衆国やヨーロッパ、ニュージーランドにもたくさんいる。