WordPress に Really Static プラグインをインストール

WordPress Really Static Pluginは、Movable Type(MT)のように、
ページを静的に表示するために、HTMLに書き出してくれるプラグイン。

WP Super Cacheプラグインはcacheコントロールをするだけだが、
こっちは完全にHTMLを書き出すのでさらなる高速化が期待できる。

インストールしたバージョンは、
  • wordpress-2.9.1
  • really-static-0.31
インストール設定は以下のようにした
  • /opt/lammp/htdocs/wordpress以下にwordpress本体をinstall
  • /opt/lammp/htdocs/wp以下に書き出した静的ファイルを置くようにする
  1. いつものようにプラグインをダウンロードして、解凍する。
  2. 解凍したディレクトリを、/opt/lampp/htdocs/wordpress/wp-content/plugins/以下にcp
  3. ウェブのWordPress管理画面からプラグインページに移動
  4. 「Really Static」を「使用する」をクリック

ここからは、Really Staticの設定
  1. Source
    1. url to wordpressinstallation [http://localhost/wordpress/]
    2. url path to the actuall used templatefolder [http://localhost/wordpress/wp-content/themes/default/] 
  2. Destination
    1. を選択
    2. internal filepath from to cachedfiles [/opt/lampp/htdocs/wp/]
    3. Domainprefix for your cached files [http://localhost/wp/]
    4. Url to the templatefolder[http://localhost/wp/wp-content/themes/default/]
  3. Settings
    1. I want that Really-Static try to handle with the ? in the urlを選択
  4. Manual Refresh
    1. write all filesを押して全ページ書き出し
  5. CSSファイルにリンクする
    1. sudo ln -s /opt/lampp/htdocs/wordpress/wp-content /opt/lampp/htdocs/wp/wp-content
これで、http://localhost/wpをブラウザでみれば、静的なページがみれる。

設定についてはもう少し見直してみる。

性能は、
Concurrency Level:      15
Time taken for tests:   0.205 seconds
Complete requests:      100
Failed requests:        0
Broken pipe errors:     0
Total transferred:      578345 bytes
HTML transferred:       549814 bytes
Requests per second:    487.80 [#/sec] (mean)
Time per request:       30.75 [ms] (mean)
Time per request:       2.05 [ms] (mean, across all concurrent requests)
Transfer rate:          2821.20 [Kbytes/sec] received
文句なし!WP Super Cacheよりも断然早い。
あとはページが増えたときの書き出し速度が問題だな、と。

この機能があれば MT < WordPress だな。自分の中では。