分散KVS kumofs がリリースされました

分散Key-Valueストア「kumofs」を公開しました!

msgpackの作者が、分散Key-Valueストアライブラリを公開しました。

key-valueストアについては、こちらが参考になります。

kumofsの技術ドキュメントはこちら
気になる点は以下。
Set操作が失敗すると(ネットワーク障害などの理由で)、そのkeyに対応するvalueは不定になります。そのkeyは再度Setするか、Deleteするか、Getしないようにしてください。
Setに失敗したら、明示的にDeleteすべきかな?
でも、ネットワーク障害なら、Deleteも失敗する気がする。

一度、Set/Deleteが失敗してしまったら、そのKEYに対するデータが
不定であるかの確認をどうするかが問題だな。
別のプロセスなどが、Getした値が壊れていないことがわかるchecksum的な
ものをvalueにあらかじめいれておく、とか?
・Tokyo Cabinet >= 1.4.10
内部的にTCを使っているようです。
TCの知識が少ないので、まずはTCの勉強から、か。
kumofsは AMD Athlon64 X2 5000+ を搭載したサーバーを1台使って、1秒間に約5万回のGet操作を処理できます
早すぎワロタ。
kumoは、空に浮かぶを意味しています。雲は落ちないです。fsは、予想に反してfast storageの略です。
「雲は落ちないです」うまい。

あとは、保存済みKEYの一覧を取得する方法がどうにかして
実現できないものか、と思う次第。

KEY名の前方一致検索ができると完璧な感じ
どうにかして利用者側で満足できる方法がないか、を
現在考え中。