subversion から git に完全移行。Dropbox でバックアップ

自宅で開発しているときに、今までは以下のようにしていました。
  • subversionでコード管理
  • バックアップのために、リポジトリはレンタルサーバへ
  • こまめにコミットして、開発機とレンタルサーバで2重化
最近は、gitをよく使うようになったので、
githubを使ってコードのバックアップをとっていました。

githubは便利なんでいいんですが、容量が300Mまで(だったかな?)
という制限があったり、コードが公開されてしまうので、
全部のコードをgithubで管理するのは不可能だな、と思っていました。

というわけで、以下のようなフローに変更
  • バージョン管理はgitで行う。svnは使わない。(頭が混乱するから)
  • gitのリポジトリを、Dropbox上のディレクトリで行う
すごくシンプルになりました。
# Dropboxを公開設定にしないように気をつけるのと、
# パスワード系も生では保存しないように注意はしておくとして。

goobye, subversion.