Flex 4(rascut) を学ぶ helloworld on Debian lenny

ちょっと世界を広げるために、Flex4+rascutを学び始める。

まずは、以下のサイトを見て、大体の流れを確認。ふむふむ。
http://www.revulo.com/blog/20090924.html

Javaの環境は整ってるので、この手順はすっとばす。
次にSDKのダウンロード。
本家サイトにいって最新のstableバージョンを落とす
執筆時点では、4.0.0.13875(Fri Jan 29, 2010 build)でした。
Open Source Flex SDK というやつをローカルに落とす。

次はruscatとやらの環境準備。すでにruby1.8の環境は入っていたので、
rascutだけインストールする。

PATHを通さないとコンパイルに失敗するので、通しておく
PATH=~/flex/4.0.0/bin:$PATH
PATH=/var/lib/gems/1.8/bin:$PATH
こちらのサイトを参考に、HelloWorld.asを書いてコンパイル。

ブラウザから確認できるディレクトリにswfをコピーして確認。

できたーー。
今回実行したコマンドは以下のとおり。

$ mkdir -p ~/flex/4.0.0
$ cd ~/flex/4.0.0
$ wget http://fpdownload.adobe.com/pub/flex/sdk/builds/flex4/flex_sdk_4.0.0.13875_mpl.zip
$ unzip flex_sdk_4.0.0.13875_mpl.zip
$ ruby --version
ruby 1.8.7 (2008-08-11 patchlevel 72) [i486-linux]
$ gem --version
1.2.0
$ sudo gem install rascut
$ cd git/sample-codes/flex/helloworld/
$ emacs HelloWorld.as
$ /var/lib/gems/1.8/bin/rascut HelloWorld.as
[03/28 01:22:49] Compile Start
[03/28 01:22:50] Found update file(s)["./HelloWorld.as"]
[03/28 01:23:02]  fcsh: Assigned 1 as the compile target id
Loading configuration file /home/satoshi/flex/4.0.0/frameworks/flex-config.xml
/home/satoshi/git/sample-codes/flex/helloworld/HelloWorld.as: Warning: This compilation unit did not have a factoryClass specified in Frame metadata to load\
 the configured runtime shared libraries. To compile without runtime shared libraries either set the -static-link-runtime-shared-libraries option to true or\
 remove the -runtime-shared-libraries option.

/home/satoshi/git/sample-codes/flex/helloworld/HelloWorld.swf (633 bytes)
$ cp /home/satoshi/git/sample-codes/flex/helloworld/HelloWorld.swf /var/www/nginx-default/

HelloWorld.asはこちらにあります。

参考:
http://d.hatena.ne.jp/nitoyon/20070914/how_to_install_rascut
http://www.revulo.com/blog/20090924.html
http://kawa.at.webry.info/200803/article_2.html