Google Font APIを使ってみる

Google Font API が話題になっているので、早速使ってみた。
使い方はこちらにあります。(英語)

簡単にまとめると、以下の手順
  1. 使いたいフォントを選ぶ。一覧はこちら
  2. head内にlinkタグでstylesheetをうめる。
  3. href属性は、http://fonts.googleapis.com/css?family=*****、*****はフォント名が入る。
  4. linkタグで読み込んだフォントをcssで適用する。
読み込まれるCSSは以下のようなもので、

@font-face {
  font-family: 'Tangerine';
  font-style: normal;
  font-weight: normal;
  src: local('Tangerine'), url('http://themes.googleusercontent.com/font?kit=_jMq7r9ahcBZZjpP8hftNA') format('truetype');
}
@font-faceで指定しています。

サンプルページはこちら。


参考:
Google Font API で手軽に始めるフォント遊び
@font-face規則について