VirtualBoxを使って仮想環境構築 その2

そもそも、自分が欲しい開発環境について考えてみた。
  • 好きなタイミングでクリーンな仮想環境を構築できること
  • 使い終わったらすぐ消せること
  • 複数の仮想環境を構築+それぞれ接続して擬似複数台環境を構築できること。
  • 上記の点をできるだけ簡単に達成できること
開発環境とは別に、今家に必要なPC環境ということについても考えてみた。
  • Windows環境は絶対必要。Windowsでしか動かない一部ソフトがあるから。(例えばMoneyLookとか)使用頻度は少ない。
  • Macも使う。iTunesとか、写真管理はMacでやる方向。ブラウザもFirefoxがあるので、メインOSとしてMacを使う方向でいきたい
  • ただ、開発環境としてMacを使うのは避けたい。別途UbuntuやDebianの環境が欲しい。( MacPortsはいいのだが、レンタルサーバのOSがMac OS Xのものはないので、ノウハウ蓄積したくない )
ということから、トリプルブート環境を構築して、開発したいときにUbuntuを起動して、
開発すればいいな、と思ったが、Ubuntu環境を複数構築したり、複数の環境を接続したり、
ということができないので、トリプルブートはやめることにした。

で、昨日書いた通りの環境を構築完了。

2台の仮想環境をVirtualBoxで構築。
  1. [仮想環境1]  Ubuntu 10.0.4 LTS : 10.0.1.6
  2. [仮想環境2]  Ubuntu Netbook 10.0.4 LTS : 10.0.1.8
  3. [ホスト] VirtualBox on Mac OS X : 10.0.1.2
という状態で、
Mac OS X -(ssh)-> Ubuntu -(ssh)-> Ubuntu Netbook
と接続できた状態をスクリーンショットにしておきました。

これで後は、仮想環境3として、Windows XPを入れておけば、
すべての要件が満たせたんじゃないかと思います。

うーん、完璧。
これで開発に集中できそう。

TODO :
  • ノートにUbuntu Netbook+Windowsのデュアルブート環境を作る
  • 仮想環境としてWindowsをいれる
  • データ移行、バックアップ