mac に Movable Type 5.02 (MT5) 環境をインストール

以下の環境にMovable Type 5.02(MT5)をインストールしてみた。
本家からダウンロードして、解凍したあとに、
/Library/WebServer/CGI-Executables/mt5
に設置した。

再構築後の確認URL  -> http://localhost/mt5/mt-static/
再構築ディレクトリ -> /Library/WebServer/Documents/mt5/mt-static

必要なPerl Moduleなどをインストール。の前に、perlのpathを
/opt/local/bin/perlに変更しておく
(mtの中で、/usr/bin/perlしているから)
$ sudo mv /usr/bin/perl /usr/bin/perl.org
$ sudo ln -s /opt/local/bin/perl /usr/bin/perl
$ sudo port install p5-class-dbi-mysql p5-dbd-mysql p5-mytop p5-innotop
あとは、
http://localhost/cgi-bin/mt5/mt.cgi
にアクセスして、ボタンを押していけばインストール完了。

インストール中に、
「オプションのモジュールが見つかりません」
と表示されるが、とりあえず、無視した。

以下のものがインストールされていないようなので、後で
インストールする。
Crypt::DSA
コメント投稿時のサインインが高速になります。
IPC::Run
MTのイメージドライバとしてNetPBMを利用する場合に必要となりま す。
Archive::Zip
バックアップと復元で圧縮の機能を利用する場合に必要となります。
HTML::Entities
特殊な文字をエンコードするときに必要になりますが、構成ファイルに NoHTMLEntitiesを設定すればこの機能を無効化できます。
Cache::File
Yahoo! Japanによるコメント投稿者のOpenID認証を許可する場合に必要となります。
Crypt::SSLeay
Crypt::SSLeayはAOLやYahoo!などのSSLを利用す るOpenIDのコメント投稿者を認証するために必要となります。
GD
アップロードした画像のサムネイルを作成する場合に必要となります。
Archive::Tar
バックアップと復元で圧縮の機能を利用する場合に必要となります。
XML::Parser
アクションストリームを利用するために必要です。
IO::Uncompress::Gunzip
バックアップと復元で圧縮の機能を利用する場合に必要となります。
Digest::SHA1
VoxとLiveJournal、あるいはOpenIDでコメント投稿者 を認証するために必要になります。
IO::Compress::Gzip
バックアップと復元で圧縮の機能を利用する場合に必要となります。
XML::Atom
Atom APIを利用する場合に必要となります。
Image::Magick
アップロードした画像のサムネイルを作成する場合に必要となります。
Mail::Sendmail
SMTPサーバーを経由してメールを送信する場合に必要になります。
HTML::Parser
HTML::Parserのインストールは必須ではありません。トラック バック機能や更新通知機能を利用する場合に必要となります。
DBD::SQLite
SQLiteデータベースを使うにはDBD::SQLiteのデータベー スドライバが必要です。
DBD::Pg
PostgreSQLデータベースを使うにはDBD::Pgのデータベー スドライバが必要です。
必須バージョン: 1.32
DBD::SQLite2
SQLite(v2)データベースを使うにはDBD::SQLite2の データベースドライバが必要です。
なんかページを作って遊んでみるとするか。