ブログ記事とアクセス数の関係について(2:8の法則?)

2009年の8月から、一人で「ほぼ日」ペースで更新をしてきて
ある程度記事数がそろってきたのと、アクセスものびてきたので、
一旦、記事数とアクセス数について、分析してみようと思う。

まず、現在のブログのデータについて
  • 記事数は321記事。
  • 1ヶ月10000PVくらい
  • 77%が検索エンジンからの誘導
  • アフィリエイトやAdsenseなどで月数千円程度の儲け
  • 直近1ヶ月で、610ページに対してアクセスあり(記事以外に検索やタグページ、ページ送り分などがあるので記事数よりも多い)
で、ちゃんとまじめにアクセスを調べてみてわかったこと
  • 610ページもあって、アクセス数上位のページたった8ページでアクセスの30%をかせぐ
  • その8件のうち、7件はcassandraネタ、1件はブログのトップページ
  • アクセス上位60件( = アクセスがあるページ数の約1割 ) で、PVの7割を占める
というわけで、うちのブログでは、俗にいう2:8の法則ではなく、
1:7の法則、というわけです。

で、ここで、どうい考察をしたか、が以下
  • PVを増やすには、たくさん人をつれてくるコンテンツをいかに作るかが重要である

    • 単純に記事が多ければいい、というわけではない
    • 人々が求める記事を書く

  • 旬の記事をすばやく書いて、たくさん人を連れてくる状態になれば、なにもしなくてもその記事は人を呼び続けてくれる

    • 内容の濃さよりも、旬さが重要かも
    • ただ、濃い内容の記事はまだちゃんと書いてないので検証は必要

  • メイン以外のコンテンツでも3割のアクセスが発生しているので無視はできない

    • 存在意義なし、というわけではない
    • やはり、記事は多い方がいい
    • 何があたるかはわからないので書き続けるべき
    • 記事の量産体制を、いかに簡単に、楽に行うかが課題
うーむ、面白い。今後はもうちょっと戦略的に記事を書いていこう。