読了:モテキ(1-4巻) - 久保ミツロウ

後輩から借りて、モテキを読了した。

モテキ - Wikipedia
モテない三十路間近の青年・藤本幸世は、ある日突然知り合いの女の子から次々と連絡が入り、いわゆる「モテ期」に入る。これまでモテ期の来なかった 藤本は焦りながらも女の子とコンサートに行ったり水族館に行ったりしていく……。
 作者は、久保ミツロウ
少女向け雑誌への投稿を続け、久保美津子(くぼ みつこ)名義で『mimi』にてデビュー後、『週刊少年マガジン』に移籍。移籍後は現在の名前で作品を発表している。
ちなみに、同誌連載『もう、しませんから。』(西本英雄)に何度か登場しているが、顔出しNGで、自画像は本人の希望で常にヒゲもじゃに描かれている。
作中のテーマになってるのが、
  • 草食系男子
  • 非モテ
  • リア充
  • 30歳前後のあせり
といっても、単に表紙のおねーちゃんのきれいさにひかれて
読んでみたくなっただけですが。



読み終わった後は、煮え切らない主人公にイライラし、
そんな主人公なのにモテている事実に、モンモンとしてしまいました。

2時間くらいで読めるので、漫画喫茶にいったときとかは是非。