コマンドラインからFinch経由でメッセージを送信する

FinchPidginのCUI版です。
以下の画像を見るのがわかりやすいと思います。
 
ここまでCUI版でやるか、って感じですが、
X-Windowを起動できないレンタルサーバなどで、メッセンジャーをやりたい
という奇特な要求に応えてくれるものです。

installはPidgin同様、aptitudeでinstallできます
$ sudo aptitude install finch
起動するのも簡単で、
$ finch
で起動できます。終了するときは、Ctrl-Cでダイアログがでるので、[OK] を選択して
Enterを押せば終了できます。
CUIで疑似Windowっぽく表示されるので、Windowを選択するには、Alt-N / Alt-Pで
次のWindowにFocusが移動します。

さて、せっかくCUIでメッセンジャーができるので、コマンドラインからメッセージを
送信したいところです。
いろいろ苦戦してやっとできたので、ここにメモっておきます。
  1. finchを起動する前に「dbus-launch screen」でscreenを起動する
  2. 起動したscreen上で、finchを起動する
  3. screenのタブを1つ新規で追加する
  4. 新規追加したタブで、「purple-remote "***"」 と入力することでfinchに命令を送りメッセージを送信する
という手順です。dbus-launch screenすることがポイントです。
こちらで情報を見つけました。

コマンドラインからメッセンジャーに送信するなんて、日本語ではほとんど情報が
見つかりませんでしたが、なんとか達成できました。

今時、YahooやらMSNやらのメッセンジャーにコマンドラインからデータを送るなんて
要求はないんだろうな。。。Twitter万歳