便利ブックマークレット その1: Google App Engineをファイル置き場にする

ブラウザのURLにJavascriptを書くことにより、簡単な処理を実行することが実行できる
Bookmarkletを今まで何個も書いてきたけど、以下のような問題がありました。
  1. macminiのFirefoxには入ってるけど、UbuntuのFirefoxには入ってない
  2. 適当に書いたbookmarkletのコードが行方不明
  3. 一度書いたbookmarkletを バージョンアップしたけど、macminiのFirefoxは新しくて、Ubuntuは(略
  4. 1行に書くので、ちょっとロジックを詰め込むだけでコードが見にくくなる
  5. jQueryやYUIを使いたいけどどうしたもんか
という問題を一気に解決すべく、色々考えてみた
  1. メインロジックを外部ファイルにして、bookmarkletではその外部ファイルを呼び出す処理にする
  2. bookmarkletとはいえ、バージョン管理を徹底する
  3. jsを外部ファイルにして、それを読み込むbookmarkletにすれば、サーバ側のファイルを入れ替えをするだけでOK。ブラウザごとにお気に入りを変更する必要無し
  4. 外部ファイルにロジックを詰め込めばbookmarkletが長くなることはない
  5. jQueryやYUIも一緒に読み込むようにbookmarkletの雛形を作る
うむ。これで解決できそう。
問題は、外部Javascriptファイルをどこに置くか、ということだけど、
今回は、appengineを使うことにした。
あんまり深い理由はないけど、アクセス数とかわかるので、いいかな、と。
hello, worldして放置しているやつがあるので、流用すればいいかな、と。

で、上げてみたtest.js
これを実行するための、bookmarkletの雛形が、以下。
javascript:function ld(u){var s=document.createElement('script');s.setAttribute('src',u);document.body.appendChild(s);}ld('http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.2/jquery.min.js');ld('http://tanargle.appspot.com/test.js');
jqueryも読み込んでいるので、あとは外部ファイルに好き勝手に
ロジックを書けば、いろんなことができる!

これから色々ファイルを充実させようと思う。

参考:
外部からjsファイルを読み込む bookmarklet