UbuntuにMT(Movable Type 5)セットアップ

基本的にMac miniでのMTセットアップとあまり変わらないけど、
なんやかんや設定したりインストールしたので備忘録的にめもめも。
やったことは以下
  1. CGIを動かす
  2. MySQLのインストール
  3. MySQLの文字コードなど設定変更
  4. perlの環境設定

    1. DBI
    2. Image::Magick

  5. MT用のディレクトリ作成+所有権変更
  6. sendmailインストール
1については、Ubuntuのcgi-binディレクトリってどこだっけ?というところから
調査+動作確認
ディレクトリは、/usr/lib/cgi-bin/で、拡張子はなんでも動くっぽかったので、
CGI.pmでお決まりのテストCGIを書いて動作確認。
#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;
use CGI;

my $q = new CGI;
print $q->header('text/plain;');

print "test ok: ". time();
mod_perlもいれたいけど、今日は無視して先にすすむ。

MySQLはaptitudeでインストール。mysql-serverではなく、
mysql-server-5.1をインストールした。

文字コードのデフォルトが、latin1になってるので、UTF8に変更
エンジンもinnodbをデフォルトに。
$ cat /etc/mysql/conf.d/mysqld_charset.cnf
[mysqld]
default-character-set = utf8
default-storage-engine=innodb
skip-character-set-client-handshake
$ sudo /etc/init.d/mysql restart
で、perlの環境準備とsendmailの準備。
$ sudo aptitude install libdbi-perl perlmagick sendmail
MT用のディレクトリは以下に用意。
$ sudo mkdir /var/www/mt-static
$ sudo chown -R www-data /var/www/mt-statc
$ sudo chown www-data /var/www/
これで動くようになるはず。

こんなブログ記事ばっか書くから、インストールオタクなの?って
会社で言われてしまうんだろうが、気にしないことにする。